読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BEXFlashの部屋

筆者のカオスな日常をお伝えするブログです!!

ドラゴンについて語ってみた

※これは筆者が風邪で学校を休んだ際、寝すぎてあまりにも暇すぎたため書いた記事ですww
みなさん、こんにちは。BEXFlashです。
皆さんはドラゴンは好きですか?筆者は大好きです。そんなドラゴン大好きな筆者が今回はドラゴンについてだらだら語りたいと思います。

○「ドラゴン」といわれて...
「ドラゴン」といわれて皆さんは何を思い付きますか?
ドラゴンボールのシェンロンやパズドラやポケモンのドラゴンタイプのもの等を連想すると思います。実在しない生き物なのに、案外身近な所で受け入れられているものですね。その割りは、UFOが飛んでいる映像なんかはよく見るのに、ドラゴンが飛んでいる映像なんて考えられ無さすぎて動画すらあまり見られないほど現実味がありませんww

○「ドラゴン」と「龍」と「竜」の違いとは

さて、ここから深く掘り下げていきましょう。
筆者は冒頭で「ドラゴン」と述べましたが、日本語では「竜」や「龍」と言われます。
そもそもこの3種類の違いは何でしょうか。

「ドラゴン」: ヨーロッパの伝説上の怪獣。翼と爪と蛇の尾をもつ爬虫類で、口から火を吐くとされる。竜。

「竜」: 想像上の動物。体は大きな蛇に似て、4本の足、2本の角、 耳、ひげをもち、全身鱗(うろこ)に覆われている。「ドラゴン」に同じ。

「龍」:「竜」に同じ

※いずれもデジタル大辞泉より引用

ちなみに、龍=竜が成り立つのは「龍」が「竜」の旧字体だからです。
辞書によると結局竜もドラゴンと同じと書かれているので、ドラゴン=竜=龍ということが分かりました。

○3種類は本当に同じなのか?
これらの3種類は全て同じ分類なのに、姿形は明らかに違うと思います。
例えば「千と千尋の神隠し」で登場する「ハク」や「ドラゴンボール」に登場する「シェンロン」は蛇みたいに細長く手足が合計4本ありますが、モンスターハンターの「リオレウス」や「リオレイア」、パズドラの「メテオヴォルケーノドラゴン」には翼があり、蛇らしくない形をしています。辞書の通り共通する部分は多いですが、翼に関しては違いすぎます。
そもそも、Googleの画像検索ではっきりと結果が別れてますww
「ドラゴン」の検索結果
f:id:HIJKLNM-0727:20141203231545p:plain
「竜」の検索結果
f:id:HIJKLNM-0727:20141203231539p:plain
「龍」の検索結果
f:id:HIJKLNM-0727:20141203231534p:plain
特に、「ドラゴン」と「龍」の違いがはっきりしてますねww同じなのにどういうこと?

○「ドラゴン」と「龍(竜)」の呼び名の違いは?
ざっくり言うと、ヨーロッパで出現するものが「ドラゴン」で、中国で出現するものが「龍(竜)」
「龍(竜)」は掛け軸なんかでよく見ると思います。滝を上ってたり、手に変な水晶持ってたりすると思います。
「ドラゴン」は翼で空を飛びながら口から炎を出したりしています。あと紋章とかで見ると思います。

○「龍(竜)」は「爪」で描かれた場所が分かる!!
龍(竜)に関しては、描かれている爪の数で描かれた地域が分かるとのことです。
調べてみると、5本が中国で描かれたもの、4本が朝鮮で描かれたもの、3本が日本で描かれたものだそうです。
なぜ爪の数が地域によって違うかと言うと...
中国
5本の爪が様々な人々を守護されると言われます。
1本目が庶民、2本目が士、3本目が大夫、4本目が諸侯、5本目が皇帝を守護されるようです。

朝鮮
詳しくは載っていないのですが、4本爪の龍は皇帝に敬意を表すものとして描かれたようです。

日本
元々龍は中国から伝わったものなのですが、これに独自性を加えたため3本爪になったと言われているようです。

豆知識として知っておきましょうww


さて、このようにくだぐだで筆者が好きなドラゴンについて語ってきたのですが、いかがでしたか?
本当はまだ書き続けていたいのですが筆者が多忙なのでこの辺で終わりにさせていただきます。
ネットではまだ詳しく書かれていますので好きな方は調べてみてはいかがですか?